短期攻略ファッション史・1・政治家タイプとエンジニアタイプ

ファッション史を要約して説明します。

と言うとかならず、
「要約するな!!!すっ飛ばすな!!」と怒る人が出てくるのですが、
だいたい歴史とは、要約です。
実際に起こったことの全てのディティールの説明は、不可能です。
ですから細かいところはすっとばして、
適当に概略だけを述べる。
それを私たちは、歴史と呼んでます。

ファッションの歴史もそうでして、
全ての時代の全てのデザイナーの全ての服の全てのデザインの、
と延々と説明を続けていっても、
膨大な時間とうんざりするような手間ばかり浪費されていって、
何も得るところがありません。

要領よく、ポイントを十分に把握して、
後は省いてしまうのが得策です。
後の細かい部分は、ポイントさえ理解しておけば、
誰でも自然に理解できてゆくものなのです。




ではファッションの歴史のポイントはなにか。
それは20世紀に活躍した、4人のデザイナー、
そのうち2人は「政治家タイプ」で、
そのうち2人は「エンジニアタイプ」なのですが、
彼らの仕事についての知識さえあればよいのです。

政治家タイプのデザイナーは、
ポール・ポワレと、
ココ・シャネル。

彼らは服作りが好きと言うよりも
世の中を動かすほうが好きで、
その手段として服作りがあった、という人々です。
政治家をはじめとして、
広告代理店やテレビ局、映画会社などにも、
多く居そうなタイプです。

エンジニアタイプのデザイナーは、
マドリーヌ・ヴイオネと、
クリストバル・バレンシアガ。

かれらは世の中の事にあまり関心が無く、
ひたすら服作りを探求してゆきます。
自動車や電機メーカーの、開発部門や工場には、
こんなタイプが大量に居そうですね。

乱暴な言い方すぎるかもしれませんが、
この4人が分かれば、
実はファッション史の8割は攻略済みなのです。
19世紀以前のことも、現代のことも、
研究していけない、ということはありませんが、
研究する必要は特にありません。
彼ら4人からの類推で、他はだいたい理解できてしまうのです。

美術で言えば、この4人で、
ルネサンスからピカソあたりまで全て網羅しているくらいの、
それくらいのウエイトなのです。

では、なぜそんなに少数の人にウエイトが集中しているのか。
そこらへんのお話は、
次回とさせていただきます。



→Next Page