胸元と脇、背中を大きく開けた立体のパターン

胸元を深く開けるデザインラインが人気です。

胸元だけを開けてつくることはパターン的に難しくないのですが、

胸元に合わせて脇も大きく開けてつくられているラインが人気なのです。

脇があいているとその分胴体が細く見えるという効果があるからでしょう。

脇を開けてかつ胸のラインを立体的に表現するのには、高いパターン技術が必要になります。

たとえばこちらのドレスですと、胸元は大きく開いてでも胸のラインは平面的です。

胸元を深くなおかつ脇も開けて、胸のラインを立体的に見せるための技術の難易度は高いものです。

たとえばこちらですと胸元も脇も深く開いていながら、胸のラインが立体的に表現されています。

肩や背中までを硬い生地でつくる場合には、立体性の表現はさほど難しくないのですが、

肩を出すビスチェスタイルでありながら、柔らかい生地で肩をつくったり

背中までを大きく開けて立体をつくるのは、パターンの技術的に非常に難しいことです。

脇と背中を大きく開けたドレスで胸のラインを立体的につくることも難しいですが、

背中を開けてかつウエストまでを細く見せる立体性の実現となりますと

既存の衣装ではまず実現が不可能です。

服は身頃は肩、スカートは腰(ウエスト)で着ます。ドレスはバストとウエストで着ます。

 

→Next Page