森の中で

Waldeinsamkeit・・森の中でひとりでいるような気分
木漏れ日 のように日本だと、感性や感情に繋がる自然を向いた言葉が生まれますが
ドイツだと人が自分の内側、内面に静かに深く入ってゆくような、哲学的な言葉を生むのですよね

ことのは

文字通り、言葉を色で表せたらと、青味がかった緑色にレース、生地を染めてつくりました。青味がかった緑色、蒼碧(あおみどり。)都会に生えた木の葉の色。
緑や青の色に、境界を表すグレーを混ぜてつくった言の葉色は、冬の空のイメージ。星が流れて降るように、シルバーグレーのビーズを細かく散らして、胸元の刺繍で仕上げました

ことのは

プリンセスマサコローズ

ウェブニュースで、胸元の刺繍のイメージに色も花びらの重なりもピッタリの画像を見つけましたと、メールでお写真送っていただきました。

https://www.fashion-press.net/news/55695

先日、お母様の結婚式の際のドレスのお話うかがったのですが、ダイアナ妃のウェディングのような華やかなドレスでらして。
ご本人はキャサリン妃のドレスに憧れていらして、どんな風に新しいデザインにしようとお話してきたのですが、
大嘗祭を経て、刺繍のモチーフにプリンセスマサコローズのイメージと繋がるのは素敵、このタイミングにドレスをつくれることに心が躍りますと、
とてもドレスづくりを楽しんでいただいているようで・・

あらためて令和の新しい時代のドレスをおつくりしてゆきたく思えました。

薔薇の花の水彩画

ご新郎様のお祖母様が、お二人のご結婚をとてもなれていらっしゃるとのこと。

絵を描かれるそうで、ドレスのデザイン完成のために送っていただきました(有難うございました・・。)水彩画の優しい薔薇の花は、彼女の送ってくれたお写真の、八重桜の花に通じているかのようでした。

一葉という桜の花

デザインのイメージにと、好きな花ですと、お客様に送っていただいた写真。
先日ご新郎様がご一緒にいらして下さって、実は一緒に鎌倉に行かれた際に、ご新郎様が撮影されたものとお伺いしました。

一葉という名前の、花嫁さまとご新婦のお母様がお好きな薔薇のような、桜の花。
青空に並んで咲いて夫婦になられるお二人、新郎新婦みたいです。

竜宮城

お式を挙げられた溜池山王、赤坂の日枝神社・・山の上の竜宮城のような、
あの社に合うイメージで
ご出身地の瀬戸内海の朝日や夕日の、淡く優しい色合いに染めた生地と、貝で出来た桜色の、アンティークスパンコール刺繍。
ご地元の美術館に飾られたモネの絵(睡蓮)の色合いに仕上げました。

夢夜の奏でる

台風と猛暑残暑を無事通り過ぎて、夏と秋の季節の境い目にだけ訪れるあの独特な透明感、
天高く空を仰ぎ見て感じるあの空気感の中で、初秋の爽やかな晴れの日をお迎えいただきたいドレスに仕上がりました。
お祖父様が、兵士としてではないけれど満州にいらしたことで、書斎に漢書がたくさんおありでらしたそうで。そのお祖父さんの影響を受けて読書がお好きに。
ドレス製作中、お休みに思い立って南の島に飛んで、海辺で一日読書をしてきましたと、笑顔のご報告をお伺いしたこともありました。
たくさん読まれた中でも一番なお好きな作家はいるんですか?とお聞きしたところ、日本人の作家。夏目漱石と三島由紀夫とのことでした。
このドレスはベアトリーチェ、神曲のヒロインの名前です。神曲はギリシア神話が土台になっています。
お父様から贈られたパールの下がりのイヤリングをだけ、ドレス以外には身につけられた彼女のお姿に、漱石の夢十夜の、ギリシア神話を下敷きにして書かれた、ある美しい章を思い出しました。

 

 

リャナンシー

リャナンシーという名前のドレス。bit.ly/2GICJ1S

リャナンシーはアイルランドに伝わる若く美しい女性の姿をした妖精。緑の丘の近くに現れていつも人間の男性に愛を求める、妖精の恋人。リャナンシーの愛を受け入れた男性には、その命を代償に詩の才能が与えられます。だからケルトの芸術家とくに詩人が短命に終わるのは、彼らが彼女に恋をして命を削りながら最高の作品をつくり出したからという伝説が。
リャナンシーの姿は彼女が気に入った男性以外の人間には見えないそう。

リャナンシー

ウェディングドレスひなぎく > プレタライン > リャナンシー

妖精の恋人 リャナンシー

身頃もスカートも透明に近い表情が醸し出せるよう、 妖精の羽根のように繊細で極薄生地を重ねてつくった、
儚げなのに存在感のあるヌード色のドレス。

  リャナンシーは、アイルランドに伝わる若く美しい女性の姿をした妖精。  緑の丘の近くに現れていつも人間の男性に愛を求める、妖精の恋人。
リャナンシーの愛を受け入れた男性には、その命を代償に詩の才能が与えられます。
ケルトの芸術家とくに詩人が短命に終わるのは、彼らが彼女に恋をして命を削りながら最高の作品をつくり出したからという伝説が。
リャナンシーの姿は彼女が気に入った男性以外の人間には見えないそう。

 

→Next Page

長袖ドレス:花嫁たちの写真集

それぞれの花嫁様の写真集にリンクしています。クリックして御覧ください。

→花嫁たちの写真集に戻る

肩からの上身頃ドレス:花嫁たちの写真集

それぞれの花嫁様の写真集にリンクしています。クリックして御覧ください。

→花嫁たちの写真集に戻る

ビスチェ(ベアトップ)ドレス:花嫁たちの写真集

それぞれの花嫁様の写真集にリンクしています。クリックして御覧ください。

→花嫁たちの写真集に戻る