ドレス分類について

ウェディングドレスのご用意は、2種類に分類して考えています。

 

1)レンタル

既存のドレスを調整してお貸し出しいたします。レンタルの場合も仮縫いを行い、ジャストフィットした美しいドレス姿になるように、縫い直して調整いたします。

2)オーダーレンタル

上身頃のみ、あるいはドレス全体をお作りして、お貸し出しいたします。デザインを打合せしたのち、ラフをお描きしてお客様唯一のドレスをお作りいたします。

* ドレスご発注の方は、ドレス小物一式(ペチコート、ヴェール、手袋、補正下着、靴)を、既存のもの各1点、無料でお貸し出しいたします。

* 海外結婚式と国内のパーティーなど、ドレスを2回使用される場合には、2回目のレンタル代金は正規代金の20%になります。ドレスレンタル代金が20万円の場合は、2回目レンタルは4万円、合計24万円のご負担になります。

 

→Next Page