2017/12/10

2017/12/10

 

レースの長袖の身頃と、同レース刺繍が裾から流れ出るような、ダブルサテンシルクオーガンジーの花びらトレーンのスカートの、オーソドックスなドレスをお体のラインピッタリにお仕立てすることで、ご本人のもたれるご品格が生かせるようにとおつくりしてまいりました。

心根優しくずっとお通い、お付き合いいただいて・・どうも有難うございました。人の身体と生命を助けられるお仕事にとても誠実に向き合われてご大変なときも多いと存じますが、ご新郎様とであれば笑顔で乗り切ってゆかれると本当に思っております。陰ながらずっと応援いたしております。

カテゴリー: Blog