2018/03/29

今夜TRUNK(HOTEL)さんに間違い電話をしてしまいました、、けれど、お客様のお式の際に大変お世話になった担当者さんが笑ってご対応下さって・・
(今日お客様から彼女のインスタグラムを教えていただきました。かわいい。。)
秋にも花嫁さまのお式が控えていますが、どうぞよろしくお願いいたします。

. 可愛くて、優しくて、気の利く本当にステキなアテンドさんでした😭💕 一緒に映ったこの写真は隠れたお気に入りの一枚☺️☺️ もう一度お会いしてきちんとお礼を言いたい… . 前にも書きましたが、 TRUNKはスタッフさんがみんな本当に素敵な方ばかり。 結婚式を終えてみてもやっぱり、 それがTRUNKで挙げられて良かったなと思える理由の1つです☺️ . 母からも 両親に付いてくれていたスタッフの方々も親切で、おしゃれで今時だけどそういうところがきちんとしていたところも良かったね と言ってもらえました! . 1日にたくさんの挙式が挙げられて私たちはその中のほんの1つに過ぎないけど、本人達はもちろんゲストにも良かったと言ってもらえる結婚式を挙げることができたのもスタッフの皆さまのおかげでした😢 本当にありがとうございました! . #trunkhotel#trunkhotelwedding#trunk花嫁#プレ花嫁#卒花嫁#ちーむ0324#2018春婚#みんなのウェディング #archdays花嫁#weddingdress#ウェディングドレス#ヘアメイク#ブライダルヘア#ブライダルメイク#ブーケ#boutique#ブートニア#boutoniere#グリーンブーケ #ブライダルブーケ#チャペル#チャペル挙式#ブライダルフォト

A post shared by hal (@hal.wedding) on

2018/03/25

花嫁さまが送って下さったドレスデザインのイメージ画像、その1。ザ・ティアラ。

画像をもとにラフをかかせていただきます。ミュシャの絵を多くお送りいただいているので、と思えば、ディズニーもあるのでした。その2。スプリング・スピリット。

その3。弥勒菩薩、半跏思惟像。東西、世界が大きく広すぎて、どうデザインしよう、、と一瞬だけ(でも毎回)思うですが、半跏(はんか)というのは床ではなく椅子の文化ということで。騎馬民族の衣装・・ドレスということ。(これがお釈迦様ですと相当ハードル高くなるわけであります)

PS.ディズニーとして、オペラ座の怪人のオフショルダーも。世界を俯瞰してデザインせねば(アベさんのようなんですけど)でも。デザインの構想を最初に練る時って実際、世界戦略立てといえないこともないかも(大げさに言ってますけど)

2018/03/21

春の香りのする、という名前の淡いピンク色のドレス。
お彼岸の開ける頃には本格的な春シーズンのはじまり。

2018/03/15

ペールピンクシルクとコードレース使いのワンピース。 ブーケに合わせて髪型とヘッドドレスを変えています。

2018/03/14

サテンシルクの2wayオフショルダードレス。 変化する衿に合わせて髪型を変えています。

2018/03/06

昨日仮縫いにいらしたお客様のネイルが素晴らしくて、思わず撮らせていただいてしまいました。おつくりしているドレスのラフと。
シルヴァーの色の上にシルヴァーの素材を重ねて付けることは珍しいんですとのこと。
一つ一つのモチーフはリーフ(葉)で、それを花びらのように花をカタチづくっていると太陽にもなり、月を中心にして星のようにもなるんですと、ものすごく楽しそうに仰ってらして。とても豊かな気持ちにさせていただきました
この色のシルク生地で大人の女性のドレスをおつくりしてまいります。

2018/02/10

今日ICUさんの教会でのお式を無事終えられて、ソンブルイユさんでのご披露宴での色ドレス姿のお写真を、花嫁さんが早速に送って下さいました。本当に有難うございます。最近の若い方たちというのは本当に、私(の世代)からすると優れてらして・・ 自分の(能力の)せいで疲れ切ってきて自分に呆れるところは大きくもうやめようと思うことの長いですが、一人で生きてるわけでなく思うようにもゆきません。。とても有り難いメッセージをお送り頂きました。

 

2018/02/08

SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC
SONY DSC

本仮縫いと本縫いでのお写真。
ラヴェンダーブルーに染めた色ドレスを颯爽と、そして優雅に着こなしていただきます。

2018/01/15

2018/01/15

ロアラブッシュ1999さんでお式を挙げられたEriさん  goo.gl/xSeVc1 がお送り下さったお写真に、
上京された折ひなぎくにお立ち寄り下さったお父様とお母様、そして妹さんのお写真がありました。
ご披露宴中、きっと涙をこらえられて窓の外を見られてるお写真に、いいご姉妹でらしたのだろうな・・と胸にきました。(見習わなくてはという思い(というのか真反対な経験)もありましてこういう人になりたいなりたかったというのかですね)
思うようになったのですが、家族というのは作品と同じ様(よう)ですね。ドレスばかりつくり続けてきての立場からのことですけれど。
お会いしたことはなかったご家族の晴れの日のお姿が、なぜかどこかで誰か(私)のDNAにずっと残ってゆきます。
お姉さまのご衣装、おつくりさせていただけてとても幸せでした。

2018/01/06

2018/01/06

 

HP「お客様のお写真」更新いたしました。
ドレス名:ペルル
http://siesta-dress.com/…/01/06/%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%AB/
お母様を人生の恩人と慕われた女性からそのお嬢様である花嫁の晴れの日のために贈られた、
とても美しいパールのアクセサリーを飾られて。
お母様譲りのご品性と豊かな愛情をお持ちの彼女のドレスには、お母様とその女性のご友情の証でもあります真珠に、由来した名前を付けさせていただきました。
昨年末にフランス産の素敵な贈り物を心のこもったお手紙とお贈りいただいてフランス語で名付けました。

2017/12/30

2017/12/30

先月、出版社さんの手配下さったモデルさんでのドレス撮影をしました。
メイン見開きの写真はこの2枚に絞って選ばせていただきました。
最終的にマネージャーの理恵子さんが決めてくれました(どちらでしたでしょう。)

2017/12/23

2017/12/23

(続き)何年も前に写真を拝見して、このドレス素敵!と思ったドレスを実際に着ることになるなんて
夢にも思わなかったですが、素敵なドレスショップのみなさんと出会うことができて
本当に感謝しています。
うろ覚えだった中、一生懸命探してメールを送って良かったと思ってます。」

ご結婚前にweb上で見そめて下さった弊店の花嫁さんのお写真の記憶を頼りに探して辿り着き
ご試着にいらして下さったとのこと、最初にお伺いして、心から光栄に思っておりました・・
(店名が変わったため見つけにくくてらしたと思いました、、見つけ出して下さって、ただただ感謝でした。。)

2017/12/16

2017/12/16

軽井沢ブレストンコートさん、石の教会でのお式で。
お写真と、本当に嬉しく有り難いお手紙をいただいて・・
いつもそうでらしたのですがお手紙まで明るくてらして、なんだか楽しく拝読いたしました、一部ご紹介させて下さい。

「さて、結婚式ですが、台風直撃の予報の中、何とかお天気が持った為、外でライスシャワーまで行うことができました。
ドレスはまさか長袖だと思っていなかったようで、周りのみんなもとても驚いており、
特に背中の空き具合が素敵だと何人にも褒めてもらいました。
そもそもサイズだけでなくデザインまでオーダーして作っていただいたと言うのが
珍しいようで、女性陣は食い入るように見ていて嬉しかったです(続く)

2017/12/10

2017/12/10

 

レースの長袖の身頃と、同レース刺繍が裾から流れ出るような、ダブルサテンシルクオーガンジーの花びらトレーンのスカートの、オーソドックスなドレスをお体のラインピッタリにお仕立てすることで、ご本人のもたれるご品格が生かせるようにとおつくりしてまいりました。

心根優しくずっとお通い、お付き合いいただいて・・どうも有難うございました。人の身体と生命を助けられるお仕事にとても誠実に向き合われてご大変なときも多いと存じますが、ご新郎様とであれば笑顔で乗り切ってゆかれると本当に思っております。陰ながらずっと応援いたしております。

2017/11/14

2017/11/14

お勧めのご会場を教えてほしいといらして下さるお客様が以前から少なくないのですが、ドレスにこだわられる花嫁さんにとても喜んでいただけるのがロアラブッシュさん1999さんです。お式後にお写真送られてきた際にあらためてよかったと言われる方の多いことも特徴的だと思っています。

2017/11/9

2017/11/9

ブーケやリングピローをつくられた、アズールさん https://goo.gl/Y4hh5d撮影のお写真たち。
群馬県のオレンチェクラブさんで、子豚の丸焼きにナイフ(フォーク?)入刀というお式で。ゲストの皆さんの、とても楽しそうなこと。

 

2017/11/6

2017/11/6

SONY DSC
SONY DSC

ヴィンテージのパールクラウンをお持ち下さってのフィッティング
総レースの長袖身頃と短か丈のレースチュールスカートに、ポニーテールスタイルとクラウンが本当によく似合われていました。髪の毛も染めリップの色も合わせていらして下さって・・お仕事(アパレル)の延長のようですねと笑顔で。

2017/10/25

2017/10/25

ロスで出会われたお2人が、お式当日に披露されたアメリカ仕込みのダンスの練習、リハ時には長袖、ご披露宴の本番の際には肩袖の身頃で、ソフトマーメイドラインのスカートも2wayで着こなしていただきました。

ドレス「ベル」:http://siesta-dress.com/2017/09/29/%E3%83%99%E3%83%AB/

2017/10/18

2017/10/18

先週末のグランドハイアットさんでのお式のお写真、これから新婚旅行に出かけるところですと今お送りいただきました・・有難うございます。
当日裏方で頑張ってくれた栢木さんとひろこさん宛ての、本当に嬉しいメッセージもいただきました(ので以下、こちらにアップさせて下さい。)

「ウエディングドレスもカラードレスも、ぎりぎりまでこだわってくださり、本当に素晴らしいドレスで感動しました。みんなからも本当にたくさんドレスを褒めてもらいました!
かやぎさんも、本当にたくさんお世話していただき、近くにいてくれるだけで頼もしい存在でした。かやぎさんにヘアメイクをお願いできて本当に良かったなと思いました。
ひろこさんはロケフォトから夜まで長い間お付き合いいただき、本当にありがとうございました。写真楽しみです^ – ^」

2017/10/16

2017/10/16

SONY DSC
SONY DSC

ヘアメイクの栢木さんのリハーサルヘアメイクコーディネートで。
先にヘアメイクをやられたことでご自身の、お式当日の世界観がお見えになられたとのこと、
ご新郎様のご意見や感想もいただけて、ドレスのデザインやご方針無事決まられました。
最後には何だかものすごく真剣に勉強会?に集中されてるお2人。
人のおかげでドレスのご用意、アトリエの皆にとってもとても進めやすくなりました。

2017/10/14

2017/10/14

SONY DSC

ご結納の時の着物は、古い着物をお母様が色を染め直しされたと伺って
ご家族の歴史に連なる色ドレスをおつくりしたく、髪に飾ったお花の色合いのように生地の色を染めています。

2017/10/12

2017/10/12

SONY DSC

愛媛のお祖母様がご結婚のお祝いに贈って下さったお着物、三渓園でのご結納の際の帯を合わせたお写真。

2017/10/10

2017/10/10

HP更新いたしました。ドレス名:Bell(ベル)

ベル

LA×TOKYOというのは、遠距離結婚でいらっしゃるからですね。彼はアメリカ人(日系の)でいらして、ロスで出会われての国際結婚。 「ご結婚後は?」とお伺いしたら「とりあえず結婚してこれから考える!」とのことでした^^

2017/10/08

2017/10/08

 

 

考古学が(ゲストの皆様も)お好きでいらっしゃるので、生地は青銅器や青磁の色、素材刺繍は銀の月のイメージで。「金(色)では時代が新し過ぎて」なんてディープでいらして、お話してるととても楽しいのでした^^

2017/10/07

2017/10/07

SONY DSC

ツイッターの絵(薄明かりの絵画)でお色目の打ち合わせしながらイメージすり合わせていただいての本仮縫いフィッティング。

2017/10/06

2017/10/06

 

何度かも重ね染めしてようやく出来上がったドレスの生地は、一昨日古河庭園の水辺で見た紫式部や藤袴といった秋の花々や草、秋の柔らかな日差しが水面に映って揺れたり滝になって流れてた、そんな秋の色合いになりました。

2017/10/04

2017/10/04

今日は近くの古河庭園さんで撮影会、前撮りをしました。秋らしいよいお天気のよき日。これはスマフォ写真ですけど、上垣さんが撮って下さいました。栢木さんヘアメイク。

2019/10/03

2019/10/03

9月の終わりにお式を終えられて、早速にお写真お送りいただきました。偶然の一致でお客様と驚いていたのですが、やはり先月初めにお式でらした他のお客様がお願いされてらしたカメラマン、木下陽介さんご撮影。

http://goo.gl/uK6sRK